梅酒特区に指定されているうちの町。
特区を利用して梅酒の製造に乗り出してるとこも出始めているようで、すでに農家では3件。
そのうち、うちの地域に2件あることがわかった。

特区に指定されたときから梅酒製造に興味はあったが、売り先を考えるとなかなか踏み切れないでいたわけです。
が、今年始めたジャムの製造販売の経験から

「何とかなるんじゃないか?」

と思い始めていたりします。

そして、ほんの近所に梅酒を作る農家がいるということになれば、町おこしという点からも色々な展開がある。
個人的に梅干に頼らない経営というのが僕の方針なので梅酒を作りたいと言う想いが沸々と沸いてくるわけです。

梅ジャムにすら3年を費やしたわけなのですぐにというのは、資金もエネルギーも足りない。
しかし、あと5年でなんとか形にしてみたいと思ってきました。

そして、みなべ町の町外れの地を梅酒の地にしてみたい。
単なる夢が、目標に変わったのでありました。