梅を育てる日々 長坂農園

和歌山県は梅の産地みなべ町の梅農家です。 梅、梅干し、うすいえんどう、インゲン豆、そして時々梅ジャム作ってます。 (http://nagasakanouen.shop-pro.jp/)で梅とジャムの販売を行っています。

2016年01月

窓を開けるとそこは・・・
みたいなベタな始まりはどうかと思いますが

image


一面雪でした。

image


ちょっとした庭園のようです

心配だったが露地のキヌサヤですが

image


先の方が萎れてましたが何とか耐えるかな?
今後わかりませんが。

image


ウスイの方は問題ないのであらためてハウスの値打ちを感じました。

image


昼頃には大半の雪も消え剪定に仕方ないので剪定に行きました。

今晩も冷えるようなのであと一日耐えてほしいものです。

image


一夜明けて露地のキヌサヤ。
寒さで若干萎れてますが、さやが霜に当たった形跡はないので助かったのか?
自分は露地作った経験があまりないので判断できませんが、うちの親に聞いたら大丈夫らしいとのこと。
今晩も冷えるらしいので耐えて欲しいところ。

image


そんな寒い中遅れてるので剪定に行く。
日中はそうでもなかったが夕方には手足の感覚がなくなってきた。
それでも暗くなるまでやりきるのがポリシーなんです?

朝から露地のキヌサヤの収穫。

image


午後からはハウスでウスイの収穫です。

image


この週末は、凄い寒波が珍しく西日本へ来るってことで正直戦々恐々です。

ハウスはボイラーの設定温度を上げて抵抗してみますが、露地の方は対策のしようが無い状態なんで、とりあえずとれそうなのはとってしまってあとは運任せで経過を見守ろうと思います。


image


そして、今日も夜なべ

朝、キヌサヤを出荷してから剪定に。
時間の無い中キリの良いとこまで終わらせようとかなり急いでやりきった。
今日は昼から用事があるので仕事はこれで終わり。

image


やっとここまで降りてきた。

image


露地のキヌサヤをとる。
先日からの寒さが心配だったんですが所々寒さで萎れていたところもありつつも概ね大丈夫。
ただ寒さごとに少しずつ削られていくのはツラい。
暖かくなるまではあと一ヶ月以上ある。
やっぱりハウスは値打ちあります。

このページのトップヘ