梅を育てる日々 長坂農園

和歌山県は梅の産地みなべ町の梅農家です。 梅、梅干し、うすいえんどう、インゲン豆、そして時々梅ジャム作ってます。 (http://nagasakanouen.shop-pro.jp/)で梅とジャムの販売を行っています。

カテゴリ: 日記

今日は次男の保育園の卒園式がありました。
卒園生は7名とすくないですが温かい卒園式でした。

image


四年間の思い出がつまっているアルバムです。

昼からはジャムの配達にいったついでに某作業服屋さんの閉店セール覗きにいきました。
今月頭から始まっていたんですが日にちがたつにつれ割引率が上がるシステムだったのでもうちょっと安くなってから行こうとしたんですが、忘れてしまってたのです。
案の定普通の体格のサイズはだいたい売り切れてました。

色々と一区切りな一日でした。

朝一に地区の全員作業。
各字毎に担当の大きめの池の堰堤の草を刈る。
田舎のインフラはこういう感じで守られてるわけです。

終わってから橋本市まで行きました。
科学作品展というのがありまして長男の作品も展示されてたからです。

image


一通り見てまわりましたが、実験よりも観察の方が評価されてる様子。中でも市販のうずらの卵を暖めたら孵化するという観察記録は本気で驚きました。

初めて京奈和道通りましたが、奈良まで近くなると感じました。
あとは阪和自動車道と繋がれば申し分ない。

帰ってから急遽ジャム作ることになりました。

image


という日曜日でした。

祭りが終わって一週間たった今日、幟の竿にする竹を掘りにいきました。
掘るというのは伐るんではなく文字通り根を掘ります。
他所の風習をしらないのでこれが一般的なのかはわかりません。

竹を掘る→余分なものを落とす→節を削る→真っ直ぐなものに括り付けて真っ直ぐにする

という流れ。
簡単に書いてますが時間がかかります。
集まったのは七人。
掘った竹は9本。

いつも太すぎて長いものを掘ってしまうので、今年は手頃なサイズの竹を掘ることを合言葉にしました。

ちなみに竹の旬は旧暦の八月の闇夜と言われてます。闇夜と言うのは新月の日ということで夜掘ると言うことではありません。
もう一ヶ月は遅れてますし、新月とも違うのですが時間が合わなくて仕方ないという感じです。


終わったら三時半。

そこから仕事です。

image


image


image


image


image


image


地元八幡宮で祭りでした。
今年は当屋として参加したんで騒げませんでしたが、練習期間含めいい経験なはなりました。
あと一日で祭りに関する行事は終了。

このページのトップヘ