梅を育てる日々 長坂農園

和歌山県は梅の産地みなべ町の梅農家です。 梅、梅干し、うすいえんどう、インゲン豆、そして時々梅ジャム作ってます。 (http://nagasakanouen.shop-pro.jp/)で梅とジャムの販売を行っています。

カテゴリ: キヌサヤ

DSC_0029

朝からキヌサヤの収穫。

DSC_0031

ここのところの冷え込みで霜食いが増える。
こうなっては商品価値もなく味もいまいちらしいので捨てるしかなくなります。
まだしばらく寒さも続くようで我慢の時期です。

DSC_0024(1)

今日は朝から用事で出掛けたが夕方予定より早く終わったのでキヌサヤとりにきました。
寒さで霜くいになってる莢も少なくはなかった。
三割ぐらい残ってるので火曜にでもまわってしまえたらと思ってます。

DSC_0020(1)

今晩はかなり冷え込むようなのでちょっと早いが露地のキヌサヤの収穫です。
寒さでやられると今ある莢が無駄になってしまうので。
寒さには手加減願いたいですが

あけましておめでとうございます
さて新年早々ハウスのボイラーの調子が悪くもう限界かというとこからはじましました。
昨日は冷えた見たいですが目に見えてのダメージは無さそうなので一安心。


DSC_0010

新年はきぬさやをの収穫から始まりました。
昨日からとってた人も見かけましたがきっちり三ヶ日休みました。
こちらも昨日冷えたのに霜食いは少なかった。
風が強いとこなんでその本領を発揮したのかも知れません。
流石に一週間以上あくとよくとれました。

朝からうすいときぬさやの防除

アミスター20フロアブル  2000倍


DSC_0052

うすい

DSC_0053

きぬさや

この薬食用のキノコ由来の成分で環境にはやさしいらしいが薬害が出やすいと言われてる薬なので使うのに躊躇してたんですが、サビ病やベト病に登録されてる薬が他にないので前のシーズン仕方なしに使った時にそれなりに効果があり問題も起きなかったので前ほど躊躇するこもなくなりました。
前後一週間他の防除ができず他の薬剤を混ぜることもできないので気を使うというのはありますが年末に使うには良いんじゃないかと。

このページのトップヘ